転職低スペック

転職において、
やりがちな失敗というか
あるあるは?

己のスペックを高く見積もってしまう
ということ。

これ、私も苦い経験がありましてw

転職支援のインテリジェンスに
応募したことがあるんですが、
テレビ面接?
のようなことをしたんです。

その時に
希望年収について聞かれ、
「この額の根拠は(何ですか)?」

と突っ込まれたときに、
根拠だてて言えなかったんですよね。

「転職さえすれば年収がアップするはず♪」

なんていう甘い期待感というか、
そういう甘さが当時の26歳ごろの
私にはあったわけで。。

また、自分のスペックが周囲から
どのくらい評価されているのか?

をはかる良い方法は?

複数の転職エージェントに登録して
様子というか、反応の早さを見る
という手があります。

おすすめの転職エージェントを診断してみる

私はリクルートエージェントに
当時友達が働いていたので
登録したのは当然としても、
他にもDODAとか@typeとか、
パソナキャリアにも登録しました。

が、当時の私の年収は?
人事職で300万円台。。

どう考えても(年収400万円以上を
想定して動いている)

転職エージェントからすれば
上客ではないわけで(;・∀・)

↑上客って、キャバクラみたいですねw

反応は鈍かったんですよね~。

ま、そういう意味でも転職市場
という市場における自分の市場価値は
どのくらいなのか?

引く手あまたなのか?

「出直してきなさい」

なのか?

良い機会になるのではないかと。

で、もしスペックの低さを補って
年収アップにつながる、もしくは
待遇向上につながる転職につなげたいなら?

やはり、英語力でしょうね。


TOEICとかで数値化できますから、
客観的かつ確実にあなたの評価を
上げることができますし。

で、わたしもまずは?
英語に慣れるということから
始めていますw

アルクのNo.1英語教材、1000時間ヒアリングマラソン

いきなりTOEIC900点超え!
とかを目指しても遠いですからね。

まずは英語学習になれるというか、
勉強する癖をつけるというか。

まー、そんな感じでw

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ