内定転職 注意 最終面接

転職における最終面接の場で
注意すべきことは何でしょう?

最終面接となると、決裁権を持った社長や
役員が担当することになります。

なので、最後はやはり
「入社する意欲」
というのがポイントになってきます。

もちろん、経験やスキル、ビジネスマナー
といった部分も大事なんですが、
熱意と言うか意欲というか。

「この会社に入ってバリバリやりたいんです!」

という気持ちが伝われば?
「この人を採用したい」
と、相手も思いますからね。

逆に、スキルや経験などの評価が高くても、
ここが弱いと?

「本当にうちに来たいと思っているのだろうか?」

という評価になり、せっかく1次面接での
評価が良くても覆ってしまうことに。。

最終面接で
「質問はありますか?」
と聞かれたらどんなことを聞けばいいのでしょう?

これ、1次面接や2次面接で聞いたことは
聞かないようにしたほうがいいでしょう。

仮にどんな質問をしてきたのか
というのをチェックしていた場合、
「最終面接でも同じ質問をしてきた」
と、見抜かれてしまいます。。

なので、最終面接ならではの質問としては?

会社の創業期のことを聞いたり、
例えば倒産寸前のエピソードがあった場合は
「どうやってその状況を乗り切ったのでしょう?」
と聞いてみたりするのもいいでしょう。

熱い言葉をいただけるかもしれませんし。

最終面接は決して顔合わせの場なんて
甘いものではありませんから、
十分に準備して決戦に臨みましょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ