転職解雇

解雇により会社を辞めることになった場合、
当然ながら、次の仕事を見つけなければ
いけません。。

特に一番大変なのが?
懲戒解雇になって会社を辞めることに
なった場合。

普通に辞めた場合は
「一身上の都合」
と書けばいいのですが、
懲戒解雇の場合は?

正直に書いたほうがいいのでしょうか?

いや、それはバカ正直
とうものでしょう。。

書かなくてもバレる心配はありませんので、
黙っていましょう。

経歴詐称はいけませんが、
詐称するわけではなく、
言わないだけというスタンスです。

浮気しているのに浮気してない!
というのは詐称ですが、
浮気がばれていないのに
「実は俺、浮気してるんだよね」
なんて言う必要、あります?

ありませんよねw

それと一緒です。

また、懲戒解雇以外にも会社の経営不振
により解雇となるケースもあります。

この場合は、面接先の会社によっては?
「会社の先行きがやばいことを
見抜けなかったのか?」
と判断されるおそれがあります。

そこで、
「会社の経営状況が芳しくないのは
察していましたが、これも一つの経験かと思い、
(あえて)転職せずに残っていました。

私の力不足で立て直すことができず~~

↑以下略」

という感じで説明することで?

「この人は恩義がある!」
「会社のために頑張れる人材だ!」

と評価をしてくれる可能性もあります。
(あくまで可能性の話です)

あとは?
転職のプロである転職エージェントに
相談しながら再就職に向けて進んでいく
というのがおすすめ。

転職エージェント。解雇退職の場合のおすすめエージェントは?

解雇だけでなく普通に辞めた場合も、
辞めてからの再就職に向けた
転職活動って、精神的にもきついものが
ありますから。

相談する相手を作っておくことで?
精神的にも余裕を持って取り組むことが
できますからね。

そういう気持ちの焦りとか、面接でも
やっぱり出ちゃいますし。

焦りがあると、条件の良くない会社でも
内定が出たことで飛びついてしまう
こともありますし。

あなたの参謀を味方につけて
転職活動を進める。

これで判断ミスを防ぐというのも
大切なことです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ