転職率

転職率って、何でしょう?
離職率みたいな感じ?

まあ、ほぼ同じような意味で
考えておけばいいでしょう。

日本の場合はアメリカよりも
転職率は低いと言われていますが、
それって本当なのでしょうか?

昔と違って今は?
転職サイトや転職エージェントも
身近な存在になっているので、
ある意味で転職するのは普通のことで。

特に大卒で会社に入った人のうち、
3年以内に3割は会社を辞めるという
時代ですからねΣ(・ω・ノ)ノ!

ちなみに転職率の高い(離職率の高い)
業種はどんなでしょう?

高卒と大卒の場合、それぞれで
はじき出してみました(/・ω・)/

高校新卒者

1位:宿泊業・飲食サービス業・・・66.9%

2位:教育・学習支援業・・・65.7%

3位:生活関連サービス業・娯楽業・・・62.6%

4位:小売業・・・53.3%

5位:建設業・・・48.5%

大学新卒者

1位:宿泊業・飲食サービス業・・・52.3%

2位:生活関連サービス業・娯楽業・・・48.6%

3位:教育・学習支援業・・・48.5%

4位:小売業・・・39.4%

5位:医療・福祉・・・38.8%

といった感じ。
特に飲食業界はブラックと呼ばれる会社も
少なくありませんからね。
(ワタミとかは有名ですが。。)

自分が働いている会社がブラックなのか?
気になるときは、一度相談してみるといいです。

といっても、親兄弟といった家族や友達に
相談してみても、しっくりくる答えが
返ってことないことも多いです。

その理由もある意味簡単。
彼らは転職のプロではないから。

業界に精通しているわけでもなければ、
相対的、客観的な意見ではなく
あくまで主観的な意見ですからね。。

「ブラックか否かだって?
そんなん、ブラックに決まってるよ!」

って、その人の価値観で言われるだけなので、
あくまで参考程度にとどめるべき。。

となると?
頼れるのは、やはり転職のプロから
意見をもらえる転職エージェント。

なのですが、転職エージェントといっても
たくさんあります。

どの転職エージェントがいいのか?
おすすめなのか?

選ぶ方法をまとめたので、
どの会社に登録すればいいか迷う時は?

参考になるかもしれません(/・ω・)/

転職エージェント おすすめ
あなたに合っている転職エージェントは?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ