退職日の決め方

退職日の決め方って、どうやって
決めていくのがいいのでしょう?

基本的には、半年以上働いていれば
有給休暇があるはずですから、
有給を消化する前提で決めていくのが
いいでしょう。

最終出勤日+有給消化

その後、次の転職先にて勤務開始。

という流れ。
ちなみに、有給消化を申請したのに
認められない場合は?

これは違法行為になりますから、
労基署に通報するなり本社に文句を言うなりすれば、
大丈夫です。

使えるものは使って退職するというのが
おすすめですよ。

ちなみに、次の転職先が決まっているものの
ギリギリまで今の会社で働くため、
どうしても有給を消化できない場合は?

有給休暇を買い取るという方法もあります。
そうすれば、退職金+有給買取で
けっこうな額になるかもしれませんね♪

ちなみに退職日を決定するうえで気を付けたいのが?
月末退職にするか?
月中での退職にするか?

です。
末日退職にしないとどんな不便があるかというと?

その月から保険料の支払いが発生します。
つまり、健康保険料など社会保険料を
余分に払わないといけなくなるわけで(;´・ω・)

でも、有給を消化すると中途半端な
日にちになってしまうことも少なくありません。

有給をすべて消化することにこだわらずに
末日退職になるように調整する
というのも手ですが、どちらがお得かは?

ケースバイケースなので、
人事や総務などの部署に相談してみる
というのもアリですね。

↑仲が良ければ。
邪険にされる可能性もあるので。。

↑辞めるのって、ねたみの対象になることも
ありますからね。

ちなみに、次の転職先が決まっていない状態で
会社を辞めるのであれば?

次の転職先を見つけるための準備は
しておきましょうね(ゝω・)

で、おすすめなのが?
自分ひとりで頑張るよりも、
転職のプロを味方につけて進める方法。

年収アップも期待できますから、
会社を辞める前に始めたほうがいいですよ。

しばらくは次を考えずにちょっとのんびりしたい
という気持ちも分かりますがw

ブランクは少ないほうが有利というか、
ブランク期間が長くなるほど不利に
なりますからね。

↑会社にもよりますが。

おすすめの転職エージェントはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ