欧米 転職

欧米の転職事情って、日本と比べると
どうなのでしょう?

イメージ的には、日本の転職って
まだまだネガティブな印象も
強いんですが、欧米は?

仕事ができるからこその転職
というイメージ、ありませんか?

転職というか、プロスポーツ選手の
移籍のようなイメージですね。

でも、実際のところはどうなのでしょう?

日本の場合は、まだまだ年功序列的な
要素ってありますよね。

年齢と共に、勤続年数が長くなるにつれて
給料も増えて行くという仕組みが。

でも、欧米の場合は?
30代で年功序列的な昇給って
なくなるケースも多いんです。

ただ、50代以降の給料の減少
というのもないので、常に一定のイメージ。

これに対して日本の場合は?
40代後半、50代になっても出世によって
昇給する可能性は大いにありますよね。

ただ、50代になると徐々に給料が
減っていくカーブを描いていく
ということに。

こういったことって、すぐには
変わらないので、今後も?

日本は日本の、欧米は欧米の
働き方というか文化というか、
そういう違いはあるままでしょう。

どっちがいいか?
というのは人それぞれですが、
日本の会社で働いていてどうも合わない
と感じることが多いのであれば?

外資系の会社に転職して、
欧米の社風というか文化に
トライしてみるというのもありですね。

ただ、外資系といっても
出世するためには?

日本以上にゴマすりというか、
お気に入り人事が必要な会社も
実は少なくありません。

そういった点も考慮しておかないと、
「憧れで入ってみたけど、
こんなんなら日本の会社のほうが
全然良かった(涙)」

という失敗になりがちです。。

転職する前に事前の情報収集を
どれだけできるかということも?

転職の成功、失敗の分かれ道に
なりそうですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ